中古コピー機について

Pocket

起業して、オフィスを新しく立ち上げる場合には、オフィス機器の導入が必須になります。コピー機や複合機等のオフィス機器は、現在では仕事に不可欠なものとなっており、初期導入費用の大きな負担となってしまいます。オフィスを構えるには、他にも物件の賃貸費、オフィス家具、内装費等がかかってきますので、できるだけ安く、会社に適した商品を導入したいものです。一般的に、コピー機等を導入する方法は、リース契約やレンタルで導入する方法、新品の購入、中古コピー機の購入、最近ではレンタルオフィスを借りることで、オフィス機器を共用するという手段も登場していますが、これは自社オフィスを持たない場合に限ります

コピー機の導入方法は、それぞれにメリットとデメリットがあり、また、コピー機の使用頻度によっても、会社毎に適した方法は異なってきますので、どの方法が良いのか悩むところですが、自社が重点を置くポイントを明確にすることで、導入方法を選択することになります。初期費用をおさえたいと考えるのであれば、リース契約やレンタル、中古コピー機の利用がお勧めですが、長期的観点、あるいは、所有権を自社で持ちたいと考えるのであれば、中古コピー機を選択されると良いでしょう

ここでは、これから起業される予定の起業主の方の為に、少しでも参考になればと、中古コピー機の購入について、メリットや機種の選び方購入時のポイント等について說明したいと思います。